束の間「飛鳥Ⅱ」寄港 稚内市が歓迎式催す

飛鳥

 乗客755人を乗せた豪華客船「飛鳥Ⅱ」(5万142㌧、全長241㍍、全幅29・6㍍、最大乗組員数940人)が14日午後、末広埠頭東岸壁に寄港した。
 10日に博多を出発し函館など経由して14日、利尻島に到着。それから午後1時過ぎに到着した飛鳥Ⅱを工藤市長らのほか出汁之介、りんぞうくんなどゆるキャラも出迎えた。
 市は寄港に合わせ入港歓迎式を開き、工藤市長が「短い時間ですが歓迎の気持ちを込めてもてなします。日本のてっぺんである稚内の涼しさを味わいにまた来てください」と歓迎の言葉を述べたあと、浅井壽船長ら3人に花束が贈られ、地場産品のほっけスティックも贈呈された。
 ホタテ焼きも振る舞われ、南中ソーラン連による演舞など終えたあとの午後6時に離岸し富山に向かった。

コメントを残す