14エゾカンゾウ

ハマナス同様、最北に初夏の訪れを告げるエゾカンゾウの花が、坂の下など稚内天塩線沿いで見られる。
例年、6月中旬には咲き始めるエゾカンゾウだが、月始めから暖かくなったと思えば寒くなったりと寒暖の差が激しいことから、今年はいつもより1週間遅く14日ころから開花を始めた。
坂の下周辺同様、群生地として知られ、映画「北のカナリアたち」で有名になった豊富のサロベツ原野でも開花が遅れ1分咲き。本来この時期は5分咲きにまでなっているそうだが、天候不順でいつもより2週間遅れているそうで「気温が上がると予報される20日過ぎから見ごろを迎えるのではないですか」と花好きの人は話していた。