今年初めてサハ・プロ船入港 3万トン以上の超大型船

サハプロ船

 6日午前、稚内港に今年初めてサハリンプロジェクトの作業船(3万2000㌧)が寄港した。
 末広埠頭に午前10時ころに着岸した作業船は、埠頭にある大型クレーンの3倍もありそうなクレーンを搭載しヘリポートもある。
 市によると、乗組員の入れ替えと補給のため入港したもので7日夜には稚内港を離れる。
 対岸の天北2号埠頭から見ていた市民は「末広埠頭のクレーンも大きいと思っていたが、この作業船のクレーンはスケールが違う」と驚いていた。