琉球バス助っ人に 観光シーズン 宗谷バス繁忙期迎え

沖縄からバス

 観光シーズン入りし、宗谷バスに今年も沖縄県の琉球バス交通からの助っ人となる観光用バス両5台が到着。5日から稚内~千歳間や利礼両島で運行されている。
 宗谷バスでは北と南と観光繁忙期が異なることから新車導入と比べてコスト削減にもつながることもあり平成22年から琉球バス交通と相互にバスリース契約をしている。三菱ふそうの49人乗りのバスは「宗谷バス」のロゴが貼られ、旭川のナンバー登録など済ませ30日夕方、稚内入りした。
 同社では先月24日から琉球バス交通と那覇バスのガイドと運転手が利礼観光の業務に従事しており、19日夕方には福岡県の堀川観光バスからもガイドと車両など受け入れる。