最北烈風隊、今年のYOSAKOIソーランに出場せず

 10年以上に亘り札幌のYOSAKOIソーラン祭りに連続出場していた稚内のソーランチーム「わっかない最北烈風隊」(岩本明子代表)が、4日から始まる第23回ソーラン祭りへの出場を断念した。
 平成11年の初出場から昨年まで14回連続出場。昨年は長年の活動が認められ北海道知事特別賞を受賞した最北烈風隊だが、今年はメンバーの減少などで出場を断念した。
 連続出場が途切れたことに残念な思いを語った岩本代表だが「1年間たっぷり充電してメンバーを増やし来年は多くのメンバーで踊りたい」と話していた。
 今年出場する南中ソーラン連には「私達の分も頑張ってほしい」とエールを送っていた。