矢張り実入り悪いと 前浜で拾いコンブする漁師

拾いコンブ

 稚内前浜でシケで流れ着いた根切れコンブを拾い干す作業が行われていたが、漁師は今夏のコンブ漁を心配していた。
 26日朝早くから根切れコンブを納屋掛けしていいた漁師によると、GW明け以降も海水温が低い状況が続いていることから、コンブの成長は遅れており、青いコンブが目立つそうだ。
 漁師は「海に手を入れても冷たい。去年の今頃はもう少し暖かく、こんなにコンブの成長が遅いのは珍しい」と話していた。
 流氷の影響も多少あるようで、浅瀬のコンブは氷で持っていかれ昨年より少ないという。