稚内港埠頭でイカ釣り始まる 水温低く釣果今いち

ヤリイカ

 北、天北両埠頭岸壁などでヤリイカ釣りが始まった。
 イカはこの時期、産卵のため港内に入り岸に近付くことから、北埠頭などでは疑似餌や専用の針に鶏のささ身などエサにした釣りが例年GW明けから行われており、今年はいつもより2週間ほど遅れて始まった。
 北防波堤ドーム周辺の岸壁には夕方から釣り人が集まり、夜遅くまで当たりを待っているが、まだ海水温が低いため1日数匹程度の釣果だそう。
 23日夕方、30㌢弱のイカを釣り上げた男性は「本格的に釣れるのは6月に入ってからでしょう」と話していた。
 数年前には天北埠頭で100匹以上釣れた日もあったという。