みなと考える女性ネットワークがドームなどの花壇清掃し植栽 しかし犬のふんには呆れる

花壇

 稚内のみなとを考える女性ネットワークは20日、北防波堤ドームとキタカラ前の花壇を清掃しアルメリアを植栽した。
 季節の花で彩ろう-と10年近く前から続けている活動には、岩本明子代表ら女性会員ら5人と、市と稚内開建の職員10人が参加。先ず北防波堤ドームで全長428㍍のドーム内に設置された18の花壇の雑草、ゴミを取り除き土の入れ替えしたあとアルメリアを植え直した。このあと、キタカラ前で宗谷岬平和公園から譲り受けた300株のアルメリアも植栽した。
 数年前からドーム花壇のアルメリアを盗む事案があったが、今年は盗まれた形跡はないものの、今度は花壇の中に犬のフンがあり、会員は「ドーム内で犬を散歩させている一部の飼い主によるものと思うが、散歩させるならルールを守ってほしい」と怒りをあらわにしていた。