17日も荒れた天候に 風強く気温も上がらず

荒れた天候

 発達した低気圧が北上している影響で、16日の稚内地方は早朝から20㍍以上の強風が吹き、海も荒れフェリーは一部欠航した。
 稚内地方気象台によると、宗谷岬で午前5時前に22・8㍍、稚内開運は午前8時過ぎ20・3㍍の最大瞬間風速を観測。上空1500㍍付近に氷点下3度の寒気が入り、午前中は稚内4・4度、沼川3・3度と4月上旬~下旬並みに季節は戻り、日中の最高は6度までしか上がらない見込み。今後、夕方から17日にかけて山間部ではミゾレが降る可能性がある。
 この荒れた天候で利礼航路は午後の便などが欠航した。
 17日も荒れた天候となり、風は陸上、海上ともに15㍍以上、波は高く5㍍を予報。気温は上がらず気象台は低温注意報を発表し農産物の管理に注意を呼びかけている。