歩くこと大事です 潮見中、東中 ウォークラリーなど行う

歩く

 潮見が丘中と東中の1・2年生が15日、市内や利尻島で体験学習を行った。
 潮見が丘中では修学旅行の3年生が留守の間、1年生は恵山泊漁港公園までのウォークラリー、2年生が宗谷岬~校舎までの約30㌔を歩くウォーキングに挑戦した。
 今年から宿泊学習を兼ねて行われた2年生の学習では、自然の家に宿泊した生徒80人が午前8時半に宗谷岬を出発し、自分のペースで歩きながら目的地の学校をめざしていた。
 生憎の曇り空で海岸線から市街地の景色は見れなかったものの宗谷湾から吹く浜風など自然に触れた生徒達は、普段の授業で味わうことのできない野外活動を満喫していた。
 東中1年生は宿泊学習として、校舎~自然の家までのウォークラリー、2年生は利尻島を歩いて1周した。