大量8.8トン上場 稚内漁協市場 所狭しと稚内沖毛ガニ

毛ガニ

 8日朝、稚内漁協市場に8・8㌧にもなる今年最多の毛ガニが上場され、市場は久しぶりに活気を呈した。
 今年の稚内沖刺し網漁は好漁を持続しており4月末で155㌧(昨年同期対比77%増)水揚げされている。今回はGW前からの漁獲と期間は長かったものの、着業船が午前6時過ぎから市場に上場した毛ガニは大型のものが多く、値段も悪くなかったようだ。
 市場職員は「いつもの倍近くもあった」と表情も明るかった。
 毛ガニのほかタラバも20ぱいほど上場。