4年ぶりデモ行進 連合系メーデーには130人参加

デモ

 連合稚内の第85回稚内地区メーデー集会は1日夕方、中央公園で130人の労働者らが参加し開かれた。
 「メーデーは働く人たちが主役。声をひとつに仲間を集めて、安心して暮らせる未来をみんなでつくろう!」をメインスローガンに掲げた中、連合宗谷・稚内会長の村元秀樹実行委員長が「安倍政権は労働者派遣法の改定など改悪を進めており、残業代不払いなどブラック企業を促進している。許されるものではない」と訴えた。
 岡本市議会議長ら来賓の挨拶、特別決議案の採択のあと、参加者は「力合わせよう!心つなげよう!」などと書かれた横断幕など持ち大黒地区までデモ行進した。
 天候などの関係でデモは昨年まで3年間中止されていた。