自転車点検の奉仕活動 組合が稚中生徒を対象に

自転車協会

 北海道自転車組合稚内支部(戸川好治支部長)は1日、稚中で生徒達の通学用自転車の無料点検を行った。
 同支部の戸川自転車商会と稚内サイクルの店主が、自転車通学が始まる春先の時期に合わせて10年以上前から奉仕活動として実施しているもので18台のブレーキやハンドル、タイヤの空気圧、チェーンなどを入念にチェックしていた。
 自転車の中には半年ほど使われていなかったこともあって、ブレーキの効きなどが悪い自転車も数台あり、修理した戸川支部長は「暫く使ってなかったり新車で購入しても中にはブレーキの効きが甘くなっている場合もあるので、安全に乗るためにも必ず点検してほしい」と呼びかけていた。