立食いソバ店オープン 5月1日からフェリーターミナル2階

ソバ

 フェリーターミナル内の飲食店空き店舗に5月1日、立ち食いソバ・うどん店がオープンする。30日、「めぐり逢いフェリーターミナル店」で試食会が開かれた。
 ターミナル内の飲食店スペースは平成=24年から夏季限定で道内各地のラーメン店が出店した「ラーメン万博村」をオープンしてきたが、ターミナルを利用する観光客などから「通年で利用できる飲食店を営業してほしい」との要望があり検討した結果、市内で喫茶店を経営している「善商」(盛田俊雄社長)に委ねることにした。
 メニューはかけそば・うどんのほか、ザンギや完熟マンゴーを使用したソフトドリンクなど20品10月以降にはシカ肉や地元食材のシーフードを使ったカレーライスも提供する予定。
 そばの出汁にはコンブに2種類のカツオをブレンドし、濃密な味に仕上がりましたと話す盛田社長は「旧稚内駅舎で営業していた昔懐かしい味を再現しました。一度食べに来てください」とPRしている。
 営業時間は午前6時~午後2時半、夏季の繁忙期(5月21日~9月30日)は午後4時まで。
 ターミナルの駐車場は3時間以内は無料で利用できる。