不法投棄を監視 ミルクロードにカメラ設置

監視カメラ

 ミルクロードでの不法投棄に業を煮やした稚内市(生活衛生課)は今週21日からパーキング場など3カ所に監視カメラを設置。職員が1週間ごとにカメラで撮影された様子を分析し警察に通報するなど対処する。カメラは6月末まで設置。
 人家がないミルクロードでは夜陰に乗じた不法投棄が少なくなく、市は一斉取締りほかダミーのカメラを設置するなどしてきたが軽減は難しいとして監視カメラ設置に踏み切った。
 廃棄物の処理及び清掃に関する法律に違反した場合、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金、法人には3億円以下の罰金が科せられる。
 またミルクロードに限らず不法投棄を目撃した場合には場所や車両ナンバーなどの情報を警察に連絡してください-と呼びかけている。