山のてっぺんにも春 稚内公園の樹木500本の冬囲い外し

冬囲い外し

 稚内公園で24日から500本の樹木の冬囲いを取外す作業が始まった。
 毎年、稚内公園道路の通行止めが解除される時に合わせて作業を行っている稚内シルバー人材センターの会員が訪れ、公園内に植樹されているサクラやオンコなどに囲ってあるムシロや丸太を慣れた手つきで次々と取り外していた。
 作業員によると、昨年と比べて積雪が少なかったこともあり枝折れしている樹木はなく、作業も5月のGW前には終わらせたい-と話していた。