凪で出漁も今いち 稚内前浜 春のナマコ、ノナ漁

春のナマコ漁

 稚内の前浜で今、ナマコ漁やノナ漁が行われている。
 春のナマコ漁は3月中旬から、ノナは4月1日から解禁され、久しぶりに波が穏やかなナギとなった22日、宝来~ノシャップ地区までの前浜には30隻近い磯船が漁をしていた。
 岸から100㍍ほど離れた漁場で、漁師達は水中眼鏡で海底を覗き込みナマコやノナを探していた。まだ水温が低くナマコ、ノナとも漁模様が悪く早めに切り上げる漁師が多かった。
 ノナ漁をしていた恵比須の漁師は「今年一番のナギで多くの漁師が海に出たが、水温が低く岩場に隠れて出てこない」と。ナマコ漁の漁師は「沖(桁引き)はいいが前浜は全然ダメ」と話していた。