坂の下海岸はゴミの山に 流木、空き缶など

海岸はゴミの山

 冬の間、海が荒れた影響で坂の下海岸に流木など大量のゴミが漂着している。1週間前、海岸に出掛けたという男性が海岸の様子を携帯カメラで撮り本紙に写真を提供してくれた。
 穏やかな春の陽気になった3月も終わりになると海岸はいつも通り漂流ゴミは多くなるのだが、4月初めの暴風雪があったあとには更に流木などが増えていたという。
 冬の間、日本海が荒れる影響で何処からか波で運ばれて来た流木や漁具、プラスチック製の容器類、空き缶などが海岸に流れ着き、春先は毎年のようにこのような光景を見るのだが、散乱したゴミの中にはハングル文字で書かれた韓国のものと見られる青い容器などもあったという。