稚内地区交通安全協会が道協会長賞受ける 

道協会長賞

 稚内地区交通安全協会(石塚宗博会長)が北海道交通安全協会長表彰を受け、10日夕方、石塚会長が経営する石塚建設興業社屋で報道関係者に披露された。
 永年の交通安全推進と死亡交通事故抑止活動に貢献したとして3月下旬、札幌で開かれた道協会理事会で道内12団体、旭川方面では旭川東、留萌と共に受賞した。稚内地区協会としては平成21以来2回目の受賞。
 石塚会長は「各関係団体の熱心な啓発活動が評価されての表彰にとても感謝しています。今後も関係団体と連携を図り交通安全の輪を広げていきたいです」と話し、稚内署の水島交通課長は「これからも皆さんと一致団結して交通事故を無くそうをスローガンに取り組んでいきたい」と受賞を喜んでいた。