ナマコ

 稚内の前浜で春ナマコ漁が始まり、漁師は波の穏やかなナギのときに漁に出て海底にいるナマコを採捕している。
 稚内漁協のナマコ漁は今月17日に解禁されたが波の高い日が続き24日が初出漁となった。穏やかな天候となった27日には沖合いに桁曳き船約40隻、岸から100㍍以内では磯船10隻ほどが漁を行い、漁師達は船から身を乗り出して箱眼鏡で海中を覗き込みナマコを採っていた。
 午後1時までの漁となっている磯船だが、漁模様が悪く早めに切り上げる漁師が多かった。午前10時前に戻ってきたノシャップ地区の漁師は「水温が低いためかナマコが岩場に隠れて出てこない。もう少し暖かくなってからじゃないと駄目だ」と話していた。
 春ナマコ漁は4月いっぱい行われる。