ふきのとう

 春の陽気が続く中、市内の道端にフキノトウが散見されるようになった。
 季節外れの暖気により1カ月前、こまどりスキー場近くで一足早く姿を現したフキノトウだが、その後は平年並みの気温に戻り雪が降ったりしたため顔を出すことはなかったものの、24日以降、日中の最高気温が5度前後と高い日が続き、春の陽気に誘われて土の中から姿を現した。
 27日午前11時前、気温は6・2度まで上がり、中央公園の道端にも幾本かのフキノトウが顔を出していた。