クサンル川

 雪融けにより河川の氾濫を防ぐため、クサンル川で除雪作業が急ピッチで行われている。
 緑から大黒、末広地区を流れるクサンル川は冬場、結氷した河川に積もった雪や投げ捨てられた雪で川の流れがせき止められることで雪融け水があふれ住宅街が洪水状態になる恐れがある。このため暖気が入った24日から作業を行っている。
 25日午前中も気温が3度近くまで上がった中、バックホーが河川の雪山を崩し、川底まで掘り起こすなどして川の水が見えるまで除雪する作業を繰り返していた。
 例年3月に入ってから見る作業だが、近くの住民は今年はいつになく早い-と話していた。