夏冬構わず人気のよう ドームで高知大学学生が1泊

高知大学の学生

 先週の京都大学に続き今度は高知大学の学生が北防波堤ドーム内で一泊し歩きで宗谷岬を目指している。
 登山や道内各地を徒歩で旅しているワンダーフォーゲル部の4人は毎年冬に100㌔の歩き旅をしており、今冬は幌延の下沼駅を今月12日にスタートし、16日夕方に稚内に入った。
 17日午前中には、宗谷岬に向け出発する予定だったが、午後から大荒れの天候が予想されるためテント内で時間を過ごしていた部長の湯原洋輔さん(20)は「今日、明日と天気が酷いみたいで、天候の回復を待って宗谷岬に向け歩きたい」と。