雪下ろしでケガ 暖気流入 寒くなるのは25日夜以降に

リンク

 南からの暖気の影響で24日の宗谷地方は各地で気温が上昇。稚内では午前11時までにプラス3度まで上がった。この暖気で午前中、屋根の雪下ろし中の事故が1件あった。
 日本海から暖気が流れ込んでおり、午後にかけて更に気温が上昇する見込み。日中の最高は5度と、4月上旬並みの気温を予想。3地点で今年1番の暖かさとなり、宗谷岬で2・3度、礼文は3・3度まで上がり3月中旬並みの暖かさとなった。
 この季節外れの暖かさで24日午前10時前、萩見地区で屋根の雪下ろし中の70代の男性が屋根から転落し左肩を脱臼し市立病院に搬送された。
 道路はアスファルトが見え大きな水溜りができており、屋根からの落雪が目立った。市営東スケート場は水浸しになり使用不可能となった。
 稚内地方気象台によると、25日の日中も平年より3度高い0度を予想しており、落雪事故に注意するよう呼びかけている。
 25日の夜遅くから寒さは戻ってくる。