介護に新たな戦力 大谷高校 2年生30人研修修了

ヘルパー

 稚内大谷学園主催の北海道介護員養成研修2級課程の修了式は18日、大谷高で行われた。
 昨年3月22日から研修を受けてきた2年生30人(男12人)は、今年1月16日までの期間中、ホームヘルパーに必要な知識と技術を身につけ、晴れて修了の日を迎えた。
 山下校長が「培った技術を活かして地域の介護福祉に役立ってほしい」などと挨拶したあと、1人ひとりに修了証書が手渡された。
 修了した生徒達は、21、23、28、30日に開かれる上級救命救急講習も受講し職能向上を目指す。