オオワシの姿も 18日第1副港の氷上で

オオワシ

 朝から晴れ間が広がった18日午前、第1副港でハス葉状の結氷の上に今年初めてオオワシが確認された。
 サハリンなどから南下し黄色いクチバシと羽根の一部が白く、翼を広げると2・5㍍にもなるオオワシは、国内ではオジロワシ同様、天然記念物に指定されている。
 ワシが姿を現すとカモメなど他の鳥は寄り付かなくなり、空の王者らしく辺りを占有している。