水産庁から御墨付 石崎食品販売 「こだわり魚一夜干し」

石崎食品

 港5、石崎食品販売(石崎幸治社長)が昨年暮れから販売している加工品「こだわり魚の一夜干し」が、水産庁から認定商品に選ばれた。今後は東京など全国へ販路を拡大する。
 魚介類の消費減少を食い止めようと、水産庁が2年前から行っており、骨が取り除かれ電子レンジで温めるだけなど手軽に食べられる商品を「ファストフィッシュ」と名付け、基準を満たした商品は公式マークを表示し販売することが出来る。
 年明け早々の審査会で全国19社59品が認定された中、石崎食品販売ではホッケ、イカ、カレイなどをおおなご魚醤に漬け込み一夜干して焼き、応募した全ての6品が選ばれた。
 水産庁から商品のお墨付をもらったことに石崎社長(72)は「すぐ食べられる時代にマッチした商品ということで選ばれました。今後は認定マークを付けて稚内の味を全国に売り出していきたい」と意気込んでいた。