裂帛の気合轟く 稚内剣連が鏡開きと新年けい古

鏡開き

 剣連主催の新年鏡開き・強化練習は11日、体育センターで行われた。
 参加した小中学生や関係者40人を前に、佐賀会長が「今年も情熱を剣道に傾け1年間の目標を持って精進し、剣道を通して色々なことを学んでほしい」と挨拶したあと、少年団の蓑島滉汰君、佐藤七海さんら8人の代表者が、今年1年の飛躍を誓い鏡モチに入刀した。
 剣道、居合道、杖道の公開演舞が披露されたあと、剣士達は裂ぱくの気合いで基礎練習に取り組んでいた。
 お昼は、鏡モチをお母さん達が作ったお雑煮で食べ、けい古に打ち込んでいた。
 稚内剣連としての新年初けい古は2日に声問コミュニティセンターで小学生~一般まで約40人が参加し行われた。