安全と豊漁を願い 船霊の日 漁船が大漁旗飾る

船霊さん

 「船霊(ふなだま)の日」の11日、沖底漁船や小型漁船、給油船などのマストに日の丸や大漁旗が掲げられ、今年1年の安全航海と豊漁を祈願した。
 船霊は航海の安全を願う神。沖底漁業最盛期のころは、休漁して番屋で船主や乗組員、関係者が集まり、夜を明かして朝まで神酒を飲んで祝った。
 第1副港の沖底漁船のほか、北船溜り、恵山泊漁港に係留している小型漁船にも大漁旗などがなびく中、旗の取り付けと漁船に着いた氷を取り除いていた漁民は「今年1年、無事に操業できること。そして大漁であってほしい」と船霊の日を迎え改めて願っていた。