すす払い

 北門神社で27日、年末恒例のすす払いが行われ1年の埃を落とし新春準備たけなわの呈。
 午前9時過ぎから山本宮司らが4㍍ほどの竹の先に付けた笹で神具や天井、照明など1年で溜まった埃を丁寧に払い落としたあと、床なども拭き初詣など正月の準備に余念がない。
 山本宮司は「今年は景気が上向いてきましたが、この地域が良くなっているとは感じられません。来年の干支は午ということもあり、景気が駆け足でのぼっていくよう願いすす払いをしました」と話していた。
 31日午後3時から大祓式、除夜祭のあと午前零時から初詣。どんど焼きは1月15日午前9時から行われる。