漸く結氷が始まる声問川 年明け寒気続き氷下釣りも

声問川

 先週末から冬型の気圧配置が続いており声問川本流は漸く氷に覆われ始めた。例年からは1週間ほど遅い。
 今冬は11月下旬から気温が平年より2度前後高い日が続いていたが、22日朝に強い寒気が入り沼川で氷点下13度、声問は氷点下5度まで下がるなど内陸を中心に冷え込み、その後も朝晩は氷点下の寒さが続き、結氷が1日々々進んでいる。
 まだ氷の厚さは数㌢と薄く川面が見えるところがあるものの、来週にかけて最低気温は氷点下5度前後と予想されていることから、年明けには氷下釣りが楽しめそうだ。