雪ないが準備万端 スキー場で救助訓練など実施

繝ェ繝輔ヨ謨大勧險鍋キエ

 今シーズンの営業を前に、こまどりスキー場で18日午後、職員対象に安全研修が行われた。
 管理している稚内振興公社職員ら関係者31人が参加。スキー場ロッジで稚内消防署員を講師に、ケガ人が出たことを想定し応急手当や担架で搬送する訓練をした。
 このあと、リフトが故障した場合に備えた救助訓練が行われ、救助用ポールを使い、高さ7㍍から乗客を降ろすなど救助手順を確認していた。
 職員の1人は「昨冬は12月28日オープンしたが今年は雪不足でゲレンデ内の積雪がゼロで滑走可能になるには雪が30㌢以上ないと無理なため、年内オープンは厳しいのでは」と話していた。