大潮で陸広がる 稚内前浜 浅い所で水深10㌢以下

螟ァ貎ョ

 大潮となった18日、宝来~ノシャップにかけての前浜の潮位が急激に下がり〝かくれ浜〟が現れた。
 普段であれば膝上50㌢前後ある水深が、この日午前9時~午後1時頃にかけ20㌢~10㌢以下まで下がった。最も水位が下がったノシャップ水族館裏の前浜は、岸から20㍍先の消波ブロックまで、長靴を履かなくても濡れることなく歩けるまで陸地が広がっていた。
 水位が下がったことで養殖コンブがダメになってしまう-と恵比須地区などの漁民が、コンブを水位が深いところまで運んでいた。