文化向上の一翼 エンジェルボイスが創立10周年の公演

繧ィ繝ウ繧キ繧吶ぉ繝ォ繝帙y繧、繧ケ

 わっかない子どもミュージックサークルエンジェルボイスの創作ミュージカル「海にかかる虹」は15日、文化センターで上演された。
 今年で創立10周年を迎えたことから上演されたオリジナルミュージカルには小学1年~高校3年までの40人と大人12人が出場し、4月からの練習の成果を発表した。イジメをテーマにダンスや歌が披露され、出演者一体となったダンスには850人の観衆から大きな拍手が送られていた。
 高井早苗代表は「子ども達が100%以上の力を出せてよかった」と話し、自分たちがやってきた10年間に自信のほどを示すと共に、稚内での文化の発展に寄与しているという自負も覗かせていた。