年の瀬の安全を 稚内署など歳末特別警戒始める

年末警戒

 13日夜、歳末特別警戒の出動式が稚内署で行われたあと、安藤署長らは忘年会で賑わうオレンジ通りなど巡回した。
 稚内市防犯協会、宗谷総合振興局、市など関係団体の70人の参加者を前に、安藤署長が稚内署管内の犯罪や交通事故状況について説明し「年末まで様々な犯罪や交通事故が懸念されるので地域の安全を確保するため警戒を強化し未然防止に努めていきたい」などと挨拶した。続いて小野寺振興局長、富田防犯協会事務局長が激励の言葉を述べた。
 引き続き、菊地生安係長が出発申告したあと、パトカーや青パト車両11台が北と南に分かれて市内パトロールに出動した。
安藤署長ら関係者30人はオレンジ通りで街頭啓発を行い、飲食店主や道行く市民にチラシを配布し飲酒運転根絶と暴力追放を呼びかけていた。