稚内開建主催の地域防災向上セミナーに100人参会

防災セミナー

 稚内開建主催の防災セミナーは7日午後、文化センターで開かれた。
 東日本大震災を教訓に宗谷地域の防災力向上に-と開かれたセミナーには市民100人余りが参加。七澤開建部長は「危機管理能力を高めてもらうため1人でも多く防災災害について知ってもらい、自分の身は自分で守るのが一番大切なことです」と挨拶した。
 稚内地方気象台の飯野直未予報官が「宗谷地方の暴風雪について」と題し講話した中で、昨冬3月の暴風雪で9人が亡くなったことを踏まえ、気象台などからの暴風雪警報などが発表された場合は、不要な外出はしないこと。危険な場所に近づかないことなど話した。
 このあと室蘭工大大学院の木村克俊教授が「宗谷地方における海岸防災の現状と課題」と題し講話した。