稚内での初の開催 異業種交流めざし ヘアコレクション

ヘアーカット

 市内の子どもをモデルにしたヘアカットショー「稚内ヘアーコレクション2013」が23日夕方キタカラで開催された。
 市内在住の異業種が集まり、飲食店経営の中村寛志さん(31)ら30歳前後の7人が運営員会を今夏立ち上げ、交流を含め地域の活性化につながれば―と、カットショーを企画した。
 カットショーには、20~40代の若手理美容師と専門学校生の6人、そして4歳~中学1年までのカットモデル8人が参加。1人15分の持ち時間でカットしオリジナルのヘアースタイルに仕上げたあと、特徴など紹介していた。
 会場に訪れた150人の市民らは、短時間で巧みに仕上げる理美容師の技術に見入り、カットショーの合間には宗谷ダンスプロジェクトのキッズダンスも披露された。
 運営委員会のメンバーでショーに参加した美容室経営の今井裕樹さんは「ずっとやりたかったショーが実現して楽しめました。来年以降も続けたい」と話していた。