道代表に深道君 日韓交流サッカー 12月上旬韓国ソウルで

道選抜の小学生2

 12月6日~9日まで韓国ソウルで開催される日韓交流事業に参加する北海道選抜U-12チームに、潮見が丘サッカー少年団所属の潮見が丘小6年深道也麻人君(12)が選ばれた。
 この交流事業は選手達の技術向上と日韓双方の若者の親睦を深める目的で、平成23年から年2回道内とソウルで実施している。
 深道君は5歳頃に同少年団に入団。練習に励みながら技術を高め、小学3年生のときには宗谷地区U-11選抜に選ばれるなど管内でも屈指のサッカー少年だ。
 北海道選抜の選手選考会は今年4月から始まり400人余りの推薦や候補選手がいた。10月に札幌で開かれた最終選考会には、32人の中に宗谷地区で唯一、深道君が参加し、厳しい選考の結果、選抜メンバー18人の一人として派遣されることが決まった。宗谷地区の小学生登録選手で北海道選抜に選ばれたのは深道君が初めて。
 選抜メンバーとして派遣されることについて深道君は「北海道選抜の代表として相手チームに負けないように頑張り、交流を深めたいです」と意欲を燃やしていた。