通学時間帯は作業中断 今冬の市道除排雪打合せ会議

除排雪

 積雪期に備え市主催の除排雪作業務打ち合わせ会議が8日午後、市正庁で開かれた。
 冬期間の除排雪業務でスムーズな作業と安全確保に万全を期すため開かれた会議には、契約業者22社から担当者40人余りが参加した。
 達副市長=写真=が「冬の生活で市民が安心して暮らせるよう皆さんの力を貸して頂きたい」などと挨拶したあと、昨年に続き今冬も4グループ体制で行われる除排雪では稚内署からの人の通行に配慮すること、寝不足や前日深酒をしないように―などと注意事項が説明され、稚内消防署からは消火栓付近に雪山を作ると車に支障があるので絶対にやめるよう要請があった。
 このほか市からはゴミステーション付近での除雪の仕方、除雪は全路線午前7時半までに交通を確保できる状態にするとしたほか、ドカ雪などで時間を超える場合、通学時間帯に関しては作業を停止し午前8時半から再開する―などと説明があった。