引き続き風強く注意を 利礼航路など船は欠航

倒れたBOX

 発達した低気圧が通過したあとの稚内は冬型の気圧配置が強まり、稚内地方気象台は8日夕方まで強風、夜遅くまで高波に注意を―と呼びかけている。
 稚内地方は8日未明から風が強まり、宗谷岬で午前2時過ぎに22・1メートル、稚内は午前10時過ぎに21・7メートルの最大瞬間風速を観測した。7日夜遅くから8日朝方にかけて雨も強まり、午前11時まで24時間の雨量は稚内で27ミリを観測した。
 稚内で出されていた暴風、波浪警報は8日午前中に強風などの注意報に切り替わったが、引き続き風は15メートル、波は5メートルと高く注意が必要。
 この荒れた天候で波が6メートル近くなったことからハートランドフェリーは8日の利礼航路を全て欠航。20メートル以上の強風で中央1の歩道近くに設置されていた冬期間の滑り止め用の砂袋ボックス=写真=が吹き飛んでいた。