優しい気遣いに感謝 1人住まい高齢者宅の防火査察

独居高齢者防火2

 1人住まいの65歳以上のお年寄り世帯を対象にした防火査察が30日から行われている。
 1人暮らしのお年寄りの火災事故の未然防止と心配事などの相談を兼ねた査察は、市と稚内消防署、在宅介護支援センターにより11月7日まで288世帯で実施される。
 30、31の両日は、ノシャップ、富士見、はまなす地区の110世帯で実施。消防署員がガス台やストーブなどの火の元をチェックしたり、消火器や住宅用火災報知機が設置されているか―などを確認し、介護職員が1人暮らしで困っていることなど相談に乗っていた。